プチ断食の方法・やり方と効果について

そもそもプチ断食って?

酵素ドリンクを活用したダイエット方法は様々な呼ばれ方があります。

  • 断食
  • 酵素ダイエット
  • ファスティング
  • プチ断食
  • 週末断食

といった感じに呼ばれています。いくつか聞いたことがありますよね?

実は私も酵素ダイエットを勉強するまでは「なにが違うの?これ?(^▽^;)」と思っていたのですが、実は決まった定義やルールはないそうです。

というか、それっぽい名前をつけているだけで基本的にはすべて同じ!断食の方法に違いはありませんでした。

なので「プチ断食は〇日~を指す」といった定義がないので、どんどんやり方もあいまいになります。

その為に、酵素ドリンクメーカーが酵素ドリンクを売るためにどんどん緩いダイエット方法を推奨していて、「誰でも簡単に酵素ドリンクを飲めば痩せる」というようなうたい方をして、間違った断食方法が広まってしまっているのが理解できました。

間違った断食方法が広まっていけば当然ダイエットに失敗してしまう人も続出します。
当サイトのお問い合わせからも沢山のご相談を頂いていますが、失敗している人はだいたいやり方が間違っていました。

なので、ここではそういった事にならないようにする為にプチ断食の考え方と、適切なやり方の選択を解説させて頂きます。
断食方法を選択する前に読んで頂ければ、自分に必要なやり方を選択することができますので、失敗を未然に防ぐ事ができます。

プチ断食のやり方と効果について

プチ断食に正確な定義はありませんので、当サイトでは酵素ドリンクを使う置き換えダイエットのことをプチ断食と呼んでいます。

具体的には1日1食を酵素ドリンクに置き換える方法や1日3食を酵素ドリンクに置き換えて過ごす、長期の1日~3日までの断食方法があります。

1日1食の置き換え

朝昼晩のどれかを酵素ドリンクに置き換えてカロリーセーブを行うダイエット方法。

1ヵ月~3ヶ月の継続をして初めて効果が体感できます。

目標の体重まで時間はかかると思いますがゆっくりやせていくのでリバウンドの確率が低いです。

半日断食

夕食を18時迄に食べて朝食を酵素ドリンクに置き換える方法です。
18時までに夕食を食べて、次の食事が翌日の12時になるので18時間の断食になります。半日断食と言った呼ばれ方もされています。
1ヵ月~3ヶ月継続すると効果が体感できます。

1日3回の1日断食

食べ過ぎた日の次の日に取り入れる人が多い断食方法。

1日3回の食事をすべて酵素ドリンクに置き換えます。
食べ過ぎた食事が脂肪として定着するまで2週間ほどの時間があるので脂肪になる前に帳尻を合わせる方法として一般的です。

1日3回の2日断食

2日間の食事を全て酵素ドリンクにして過ごす方法です。

体重も1kg~2kgの減量効果が期待できます。

断食後の回復食に注意しないとリバウンドの可能性もあります。

1日3回の3日断食

3日間を全て酵素ドリンクにして過ごす方法です。

体重も2kg~3kgの減量効果が期待できます。

断食後の回復食に注意しないとリバウンドの可能性もあります。

準備期間と復食期間を取り入れた、生活改善の酵素ダイエット方法準備期間と復帰食を取り入れた1日~3日間の断食方法です。断食は1日~3日ですが、準備と断食後の回復で7日間ずつ取り入れるので全部で10日~17日の期間になります。
断食の効果がもっとも期待できる方法で、脂肪も燃焼させることができるのでボディラインも変化が出ます。
当サイトで実践してもらって、実践者が100%ダイエットに成功している手法です。

1日1食~の置き換え

1日1食~の置き換えで得られる効果は、主にカロリーセーブです。
ダイエット効果は最も低いので、最低でも1ヵ月以上を継続していかないと変化を感じられません。

ダイエット効果のなかった方は1食置き換えても、他2食が暴飲暴食になっている場合が多いです。

1食置き換えれば何でもOKというわけではありませんのでその点は注意してくださいね。

ダイエット効果は低いですが、時間をかけておこなうダイエットなので一番リバウンドの可能性の低い断食ダイエットだといえると思います。

  • 断食が初めて
  • 空腹に耐えられない
  • とりあえずやってみたい

という方はこの方法から始めてみるのもいいかもしれません。

朝食を置き換えて夕食を18時までに食べる半日断食

夕食を18時までに終わらせて、朝食を酵素ドリンクに置き換えて半日(18時間)の断食を毎日行う方法です。

上記で上げた方法と同様で、他の2食が暴飲暴食になっていたらダイエット効果は低めです。

しかし1日18時間を断食することができれば消化器官が休まりますので、継続することによって体調を健康にしながら痩せていける人は多いです。

このダイエット方法は主に妊娠中や授乳中の方に評判のいいダイエット方法です。

半日断食をやるとツワリが楽になるという報告も上がっているそうです。

断食の書籍などでも妊娠中や授乳中の方の半日断食は推奨されていますので興味のある方は下記サイトをご覧ください。

妊娠中に体重をうまくコントロールできないときは、妊婦検診で体重管理をするように指導を受けることがあります。 それは決して食べるなという意味ではないものの、食生活を見直して運動してほしいと言った内容が多く、つまりやんわりと

1日3食を1日断食する方法

主に食べ過ぎた翌日に体調管理として行う方の多い断食ですね。

この方法の目的は

  • 前日に飲み会で食べ過ぎてしまって胃もたれを感じる翌日に、胃腸を休ませる
  • 食べ過ぎた食事が脂肪に変わる前にエネルギーとして消費する

主に上記の二つの目的があります。

食べ過ぎた余分なカロリーは、糖分の形でまず肝臓に蓄えられます。(この蓄えられる量はだいたい1~2食分ぐらい)
肝臓の容量がいっぱいになると別の形でカロリーが蓄えられます。それが体の脂肪なんです!

時間にすると食べてから脂肪になるまで2週間くらいの時間がかかると言われています。

なので、食べ過ぎた翌日に断食を行うことは使いすぎた胃腸を休ませて、脂肪をつきにくくする効果が期待できるんです。

酵素ドリンクを飲んで1日断食を行えば栄養が不足することなく胃腸を休息させることができるので、体調不良も起こしませんのでとてもいい方法ですよ。

ただ、一日だけ断食してもダイエット効果はあまり高くないと思いますので、あくまでも応急処置的な方法として覚えておいてください。

1日3食を2日断食する方法

酵素ドリンクのメーカーが最も推奨しているのが1日断食を2日続ける方法です。

だいたい1kg~2kgの減量は期待していいとおもいます。

ですが、2日間で燃焼できる脂肪の量はそれほど多くありません。

体重が減った要因は宿便が出たことや胃の中が空っぽになった事です。体重が減ったからといって翌日から焼肉…なんて事をするとすぐに体重は戻りますので注意してくださいね!

1日3食の3日断食

1日3食の断食を3日続ける方法です。デトックス力も高くダイエット効果も期待できます。
体重の方も2kg~3kgの減量を期待できます。

ですが、これだけを実行しても減量を維持できません。

3日間の断食をやるのでしたら、下記の断食方法を取り入れる事をお勧めします。

準備期間と復食期間を取り入れた、生活改善の酵素ダイエット方法

準備期間と復食期間を取り入れた生活改善をベースに考えた断食方法です。
下記図がやり方の説明&イメージです。

プチ断食の方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする