酵素ドリンクの副作用・好転反応 二日目の下痢は酵素の副作用?

酵素ドリンク 副作用「置き換えダイエットを試してみたいけど、酵素ドリンクの副作用がないか心配」という方の為のページです。

こちらのページを読んでいただくと、「副作用が出やすい酵素ドリンク」「具体的な副作用の症状」「福作用の対処法」などを解説しています。

酵素ドリンクを購入しようか悩んでいるあなたの参考になると思いますよ。

酵素ドリンクの副作用

酵素ドリンクを飲むと体調に変化が起こりますが、これは酵素ドリンクの副作用ではなく、一般的に好転反応と呼ばれています。

好転反応とは、体質が変化する過程で一時的に体調が悪化する現象です。

具体的な症状には

  • 尿の色が濃くなる
  • 腹痛
  • 下痢
  • 眠くなる
  • めまい

などの症状が上げられます。

酵素ドリンクを飲み始めてから2日程度で症状が出る事が多いです。

副作用(好転反応)が出た時の対処方法

酵素ドリンクを飲むことによって起こる副作用のような症状(好転反応)が起こる期間は、通常1~3日ほどで落ち着くので心配する必要はありません。

ただし、症状が出た際はあまり無理をせず、安静に過ごすことが大切です。

また、症状が長引く場合は以下の対応をする事で症状が緩和する場合もあります。

  • だるい・眠いなどの場合は、横になるなどして休息をとりましょう。できるだけ早く老廃物を排出させるために、水分を多めに摂るのもおすすめです。
  • 頭痛が起こるのは、食事を制限することによるナトリウムやカリウム不足が原因の場合が多いので、昆布茶や梅干しを口に含むなどして、塩分を補給することで症状が緩和されます。また、血糖値が下がったことが原因の頭痛の場合は、酵素ドリンクの量を少し増やしたり、ハチミツなどで糖分補給するのも効果的です。
  • 下痢やいつもと違う便が出るのは、腸にこびりついた宿便などが排出されているサインです。下痢止めなどは飲まずに出し切りましょう。

酵素ドリンクのアレルギー症状

酵素ドリンクは健康食品なので一般の食品と同じように食物アレルギーの可能性があります。

酵素ドリンクの原材料は少ないもので20種類程度、多いもので200種類程度の原材料が使われています。

食物アレルギーを持っている人は原材料をしっかり確認するか、事前に医師に相談をしてください。

食物アレルギーを持っていない人ならまったく問題ありませんので気にする必要はありません。

まとめ

酵素ドリンクには副作用というほどの事はありません。

食物アレルギーがなければ、特に気にするほどの事はないでしょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする