酵素ドリンクと野菜ジュースの違い 断食ダイエットは野菜ジュースでは×

酵素ドリンクと野菜ジュースの一番の違いは発酵しているということ。

置き換えダイエットに野菜ジュースが適さない理由も発酵していないからです。

酵素ドリンクと野菜ジュースの違いを紹介しながら、そのあたりを詳しく解説していきます。

酵素ドリンクと野菜ジュースの違い その1 発酵

冒頭でも触れましたが、酵素ドリンクは発酵飲料です。

原材料の酵素や酵母をつかって発酵させています。納豆やヨーグルトの発酵とまったく同じです。

納豆やヨーグルトなどの発酵食品は栄養価が高く健康にいいことはご存知だと思います。

酵素ドリンクも発酵食品と同じように発酵させることで多彩ジュースよりも栄養価が高くなっています。

酵素ドリンクと野菜ジュースの違い その2 原材料

野菜ジュースは野菜だけを使っていますが、酵素ドリンクは・野菜・果物・野草・穀物・海藻 など60~200種類の原材料を使って作られています。

原材料が多いということは、栄養価も当然高いということ。

同じ量だけ飲んでも1回で摂れる栄養素の量が違うので置き換えダイエットには酵素ドリンクが人気なんです。

酵素ドリンクと野菜ジュースの違い その3 アミノ酸

野菜ジュースにはアミノ酸は入っていません。

アミノ酸は筋肉を作る栄養素です。アミノ酸が不足すると筋力が落ちて基礎代謝が下がります。

酵素ドリンクは発酵の過程でアミノ酸が作られます。

アミノ酸が含まれている酵素ドリンクを置き換えダイエットに使う事で基礎代謝が落ちず、リバウンドしにくいダイエットをする事ができます。

まとめ

酵素ドリンクと野菜ジュースの違いをまとめておきます。

  • 発酵している
  • 原材料の種類
  • アミノ酸の有無

このような理由から、ファスティングやダイエットを目的として、野菜を摂取したいのであれば、酵素ドリンクが最適と言えます。

シェアする

フォローする